交通安全運動中の出来事。

 交通安全運動中の4月7日、車で出勤中、前の車が信号で停止するためにブレーキを踏んだので私も同じくブレーキを踏み減速したら「ドン」という軽い振動が、、、。どこから出てきたのか軽自動車が左後輪後ろにぶつかっているじゃーあーりませんか。とりあえず朝の1号線の大渋滞を緩和するためコンビニにお願いして車を駐車し警察を呼びました。運転手さんは82歳の方。「ハンドル早く切り過ぎたわー」とのこと。「車両保険はいってますよね?」と聞くと、「わからへん。」との回答。「この車お父さんのですよね?」「違うねん、今とりあえず借りてんねん。」、、、、大丈夫か?これはちょっとややこしくなりそうか?と思ったけど、貸主さんに連絡が付き保険対応できるとのことで一安心。今日から修理に入りました。

 警察にも、貸主さんにも「免許返納を考えた方が、、、」と言われていたお父さん。すこし寂しそうでしたが、「そやなー。」と言ってました。私自身、若いころに比べて判断が鈍っていると感じることが増えてきた今日この頃。もっともっと注意深くハンドル握らなあかんなーと感じさせてくれた出来事でした。